代表者の紹介

代表:加藤智久アスレ株式会社 代表の加藤智久です。
私について少しご紹介させていただきます。



経歴

1975年に静岡県で生まれ、幼少は岐阜県の自然の豊かな土地で育ちました。裏の山では猿やうさぎが走り回り、近所の津保川では鮎やうなぎが良く釣れます。用水路にはどじょうが泳ぎ、田んぼにはおたまじゃくしやザリガニが。夏にはカエルの大合唱。井戸水で野菜を冷やして食べる。今では考えられない程自然豊かな環境でした。父親を17才で亡くしましたが「宮城県建設業育英基金」「あしなが育英会」から奨学金を借りて進学。建築科のある私立大学、東北・仙台市へ向かいます。


阪神大震災

平成7年1月17日阪神大震災がおきました。進学後初めての冬の事です。6000名以上もの方が命を落とされ、573名の子供が親を亡くしました。その夏、一人の震災遺児の言葉に心を打たれました。

「地震の後、崩れた家から父の声が聞こえました。火が家ごと父を飲み込んでいきました。助けたくても周りの人に押さえられ何もできませんでした。
数日後、火が消えた炭の中から父の頭蓋骨を見付けた時、抱きしめて言いました『迎えに来たよ、お父さん』って。あの時、私が助けなかったから…、私がお父さんを殺したんです。」

涙ながらに語ってくれた彼女はその年、大学受験に合格し何とか進学をする事ができました。震災の姿を消し始めた神戸に向かいます。神戸の街は復興し始めていました。しかし、家族を亡くし、職を無くし、進学をあきらめ、色々な災害が人々の生活や心をむしばんでいました。神戸でのボランティアを切り上げ、仙台へ戻りました。父親が居なくても、毎晩アルバイトで学費を稼がなくてはならない環境であっても、 「恵まれている、幸せだ」 と感じてしまいます。冬休みも、春休みも夏休みも神戸を思いボランティアに励みました。やがて学費の工面が追いつかなくなり、休学し退学を決意しました。


ある社長との出会い

地元(中部)に戻り社会人として就職し名古屋で働いていました。ある社長の噂を聞きます。

「営業がとにかく上手い。電話で問い合わせてくるお客様に、電話で商談して購入決定まで決めてしまう。後は営業マンに訪問させて契約するだけ。
しかもお客さんはどこかの社長さんばかり。
ただその社長、性格と顔にクセがあって入社してもすぐみんな辞めてしまう。」

興味を持った私はその社長に会いに行き、その会社に入社しました。
その社長は「社長業」が大変優れ、言葉の節々にカリスマ性が見え、誰もが信用してしまう方でした。
もちろんお客様に対しても同様に言葉巧みに接し、ほとんどの方が契約にいたってしまいます。
しかし、疑問が残るのです。仕事内容が「リゾート会員権の売買」だからです。


だましだましの日々

ある社長の下で1年間、お客様をだましだましリゾート会員権の売買を続けます。そんな時に同業他社の誘いを受け、会社を変わります。しかし、リゾート会員権の売買である事は何一つ変わりませんでした。
・売りたい方には価値が無いかのように言い、価格を叩いて仕入れます。
・買いたい方には相場よりも安いと有りもしない相場の話をし、価格を動かして売ります。
・価格を動かしているのだから値引きにも応じます。
・安くないリゾート会員権を「安いですよ」「値打ちですよ」と言い
・高くない買い取り価格に「今回は高くても、買うお客様が居ます。売るなら今です。」と言い… 
その後2年間もお客様をだましだましリゾート会員権の売買を続けます。
リゾート会員権の売買を専門にする業者は全て同じでした。
上場企業の大手でも、東京の歴史の長い業者でも。協会に加盟している業者のほとんどが‥‥。
旧態依然とした業界自身への疑問が、やがて怒りに変わります。


開業の決意

事実を打ち明けても支持していただけるお客様方の応援もあり、開業を決意しました。
例え利益が少なくてもお客様には必ず喜んでいただける。それは
・売りたい方は普通に売れる環境(高く売れる事ではなく、だまされて安く売らずに済む環境)
・買いたい方は普通に買える環境(安く買える事ではなく、だまされて高く買わずに済む環境)
を提供する事。どんなお客様もだまされる必要がない、当たり前の事業を決意したのです。


リゾートへ寄せる思い

リゾートはお客様の人生を変える力も持っています。
エクシブ鳥羽へ毎月1回行くお客様がいらっしゃいます。リゾートで過ごす時間が心を癒し、温泉につかる事で体が安らぐとの事。特に温泉は悪くしていたヒザを治し、体調を改善させたそうです。温泉に入りに行くのが目的だとか。エクシブ鳥羽がお客様の人生(体)を変えた訳です。

蓼科へ毎年行くお客様がいらっしゃいます。リゾートホテルにはこだわらないそうですが。蓼科は軽井沢には無い特殊な「気」を放っているそうです。木々から出る新鮮な酸素を体一杯に吸い、冷気に心まで洗い流す。何でも磁気が日本でも特殊で蓼科しか無いのだとか。

どんな方にとっても「リゾート」は良い影響を与えてくれます。お金や人間関係が不幸を運んでも、リゾートが人を不幸にしたと言う話はききません。
リゾートには、よりお客様を幸せにして欲しい。そして、できる限り多くの方にリゾートを提供したい。私たちはリゾート会員権を仲介するだけではなく、リゾートで楽しめるお客様の時間・空間を提供していきたいと真剣に考えています。


リゾートへのこだわり

リゾートホテルを利用するための施設ととらえた場合、つまり利用する事で得られる満足感・豊かな時間などを無視して見た場合、客観的に見る事ができます。私たちが施設や会員権をお勧めする場合、それがどんなお客様に良いのか?どんな点が不便か?どこがすばらしいのか?必ず実際に確認して、自身の持てる物だけをご紹介します。

その際もこちらから強引に営業をする事はありません。お客様がリゾートを持つ事でどれだけ素晴らしい未来があるのかは、私たちよりもお客様自身が感じる事ですから。


お世話になった方々

現在、アスレ株式会社は主にインターネットを中心に事業をしています。これは今までの業者ではあり得ない方法でした。このチャンスを与えてくれたのはプランニングスクエアの浅海さんでした。かつて行っていたオークションのシステムを制作・提供していただき、インターネットでの事業の展開の助言や励ましをいただきました。広告を過大展開しない事でコストを軽減しお客様に還元できるのもこの方々のおかげなのです。

そして独立後も時々声をかけていただける株式会社リゾートライフの黒宮社長。春日井市中小企業支援センターの小川様。助言をいただけるお客様。私たちの趣旨を理解し、仲介の業務に協力いただけるリゾートクラブメーカーの方々。

アスレ株式会社はこうした多くの方にご協力いただき開業する事ができました。
本当にありがとうございます。


これからお世話になる方々へ

インターネットでは毎日多くのサイトがオープンし、また一方で多くのサイトが閉鎖していきます。サイトの維持や更新がどれだけ大変なのかは重々承知しています。またインターネットの技術は日々向上していきます。その技術をできるだけ理解し、よりお客様に便利なサイトに更新していきたいと思っています。それには多くのお客様にご利用いただき、注意やご意見をいただく必要があると実感しています。

まずはお客様に信頼していただく事がスタートです。どうぞ遠慮無く信頼いただけるまで何なりとお聞かせください。お客様の言葉が私たちの「宝」です。

このサイトにたどり着いたのも何かのご縁だと思います。
これを機会にいつまでもお付き合いいただけますよう、よろしくお願いいたします。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。