エクシブ施設案内

エクシブ鳥羽アネックス

会員制リゾート業界トップを誇るリゾートトラスト株式会社が展開した
プライベートリゾート・エクシブシリーズの5番目の施設。

1987年3月27日に竣工した鳥羽本館の隣接地に、
シリーズ初のアネックスとして開発された17階建ての高層建築。
安全に考慮し、客室の窓は開閉しないが高層建築からの眺望を得られる。

1999年6月15日に温泉大浴場施設のテルメゾン、
2016年1月29日にエクシブ鳥羽別邸を竣工し、プライベートリゾートから格上げされ
「グランドエクシブ鳥羽アネックス」へ成長した。

エクシブ鳥羽アネックスの会員権はエクシブ(年26泊の占有日)にて発売、完売しており、
会員権流通市場で取引される会員権はエクシブ(年26泊の占有日)がほとんど。

リゾートトラストが買い取った一部の会員権を
改めてエクシブバージョンZ(年13泊の占有日)として再販売した物件も
希に存在しているが、流通市場に売り出される機会は極めて少ない。

会員権流通市場では、運営管理費が安いため人気が衰えない物件。

特にエクシブバージョンZ(年13泊の占有日)は希少性が高く、
運営管理費の安さも加わり流通市場で売り出されると速やかに取引されている。

リゾート会員権マーケット 売り物件

エクシブ鳥羽アネックス Cタイプ 禁煙・ラージ(C)グレード(26泊) 1,200,000円

概要

施設概要 鉄骨造 地下1階、地上17階、塔屋1階
客室図面 AタイプA1タイプBタイプ

CタイプC1タイプDタイプD1タイプ
Eタイプ


Fタイプ

部屋割表平面図敷地配置図
竣工 1991年4月15日
客室数 198室(内分譲室数 197室)
募集口数 エクシブ         1843口(1/14)
エクシブバージョン     10口(1/28)
エクシブバージョンZ   1073口(1/28)
エクシブバージョンL   675口(1/28)
エクシブバージョン20   72口(1/28) ※2020年9月現在
共有制会員権の新規分譲終了(2023年4月1日時点)
利用規定に記載されない
施設独自の運用について
ラージ(C)グレード会員権の内、C〜D1タイプ会員権はEタイプの利用不可

ラージ(C)グレード客室の内、C〜D1タイプは
他施設スタンダード(A)グレード会員権による交換利用可
  • 本ページはオフィシャルサイトではありませんので、リアルタイム情報ではありません。
  • 情報は施設ご利用時と異なる場合がありますのでその都度オフィシャルサイトにてご確認ご確認ください。

施設画像

  • image 外観
  • image ロビー
クリックでトップに戻る